初心者向けタイラバ講座?

タイラバの嘘、ほんと? 色々思う事
久しぶりに、タイラバの記事を書こうと思います。

2021年度、年間釣果
463枚
ハチマル1枚【83㎝】
ナナマル4枚
ロクマル28枚

2022年6月20日段階で、
2022年度、年間釣果
237枚
ハチマル1枚【81㎝】
ナナマル17枚
ロクマル30枚

と、サイズも枚数平均も去年をそこそこ上回る結果を残せています。

私自身、どこのエリアでも結果を出せるような釣りを目指しているので、
どうしても「これが正解!」という物がなく、
記事にするのも難しいのですが・・・

少しでも参考になればと思いますので、宜しくお願い致します。



さて、皆さん。
いきなりですが、
自身が使用されているリールを、1秒間に一回転した時。
大よそ時速何キロでリグが動いているか!?すぐに答えれますか?!

そんな事知らんがな

の方が大半でしょう(笑)特に初心者の方は、気にもしていない事が多々あるかと。

タイラバは、落とすか、止めるか、巻くか。
大きく分けて3つ
勿論キャストもありますが、それも落とすに大別するとして・・・
いずれにしても巻くスピードは重要な要素である事は間違いありません

よく、【どれくらいのスピードですか?】と聞かれたり、話をしていますが、
人によって遅い、早いは非常に主観的で曖昧な表現です。

仮に1回転50㎝の巻き上げリールだとすると

1秒1回転=50㎝
60秒×50㎝=3000㎝

60分3600秒だと1800mつまり、時速1.8キロです。
50㎝×3600秒=時速1.8km

船速ではノットで表現しますが、
ノットは1時間に1海里進む速さです。時速にすると約1.8km/h

つまり1巻き50センチなら、1秒間1巻きで1ノット

計算間違ってたらすみません(笑)多分あってます

ただ、よく釣れる船速は、1から2ノット程度が多い?
2ノットだと、釣れる人と、釣れない人が分かれる事が多いのは、
巻きが早い人は早過ぎ傾向があるから。ではないかなと思います。

当然ながら、単純に2ノットで流れるから、自身の巻に2ノットが足される訳ではなく、
横方向への動きに2ノットが加算される訳で、
縦方向へ時速何キロで巻いてるか・・・は、計算式。誰か教えて下さい(笑)
面倒+頭よろしくないので、ここでは数値化しません

因みに私が瀬戸内で使うベイトリール。
カルカッタコンクエスト200HGは、カタログ値1回転78㎝
60秒×78㎝=4680㎝
60分だと約2800mつまり、時速2.8キロです。
78㎝×3600秒=時速約2.8km

瀬戸内で利用率が比較的高い?
ギア比5.8の
エンゲツプレミアム150PG
所謂ローギアです

カタログ値1回転58㎝
1秒1回転だとすると、
60秒×58㎝=3480㎝
60分だと、2088m、つまり約時速2キロ
58㎝×3600秒=時速約2km

同じ1秒一回転でも相当な違いがあります。


更に、
勿論単純に船速だけではなく、
海には潮の方向、風。ドテラなのか、バーチカルなのか?二枚潮なのか?スパンカー有無、水深などなど、
海と乗る船により、条件は様々です。

それらの条件を総合的に判断して、巻きをアジャストするのが良いかなと思います。

つまり1日同じ巻きが、完全に正解なタイミングは、殆どない。かと。
勿論何でもアタル日はありますが、
基本的にはアジャストする方が、釣り的にも楽しいし、釣った感満載なので、ご参考に。

因みに、
よくカウンター付きのリールで、3で来た!とか4で2で来た!とかいう会話を聞きますが、
そのリールが何のメーカーで、ハイギアなのかローギアなのか?
色巻き量は適切か?
糸巻き量が少ないと、その分当然遅くなります
更には同じ3でも2よりの3、4よりの3でも結構差があります。

つまり、余りカウンターの数字や、人の巻き方、スピードを見過ぎると、ドツボにハマります。
それに加えて、私は天邪鬼なので、
基本的に人の情報は余り気にしません(笑)
と言うか、気にしても仕方ない事が多いです。

使っているネクタイやネタにもよりますし、
ラインの太さ、上記のリールごとの差異など。
全く同じタックルなら参考になりますが、、
それよりは、自身の釣りに確信をもって、消去法で探る方が、いくらか効率的です。

タイラバは、短い時間で、如何に状況を効率的な方法で探るか!?のゲームだと思います







次は、釣り座。

これは、例えば明石や、友ヶ島海域、鳴門、高松その他、海峡などの潮流がカギな地域では、当然の事ながら、潮先の釣り座が圧倒的に有利です。

但し、これもスパンカーの利用の有無、ドテラなのかバーチカルなのか?によっても全く異なります。

優秀?公平?な船長なら、余り差が出すぎたり、初心者さんが居る場合や、釣果無の方が居る場合、釣り座のローテや、スパンカー調整で、流す位置や船の向きを調整して貰えますが、風が強かったりすると、どうする事も出来ない事も多々あり、難しいです。

風が余りなく、
船を突いて流す船なら、潮に逆らって流す・・・
と、後ろ、トモが有利な事が多いです。
あとは、揺れもトモの方が有利なので、
どこか好きな席選べるなら、私はトモを選ぶ事が多いです。

勿論風や潮次第では、ミヨシ有利な事も多いにあるし、真ん中は真ん中で、どの流れでもある程度有利なので、、、
これも余り気にし過ぎは注意。

但し、圧倒的に潮先有利なのは揺るぎないので、
潮下の時、どうやって釣るか!?もタイラバでは重要な要素です
たまに嫌になる位潮上しか釣れない事もあり、、そんな時はキャストですが、、
キャストも水深が深いと、余り意味をなさない事が多いので、

頑張って巻く。しかありません(笑)

ただ巻くのじゃなくて、上記したスピードのアジャストを意識して、正しい巻きを続けると、潮上さんがヒットしていたり、回収しているタイミングに、おこぼれフィッシュを手にする事が出来るかも?!
次にキャストの釣り。

瀬戸内では、8割程度キャスティングでの釣果な私です。

前述した、潮上、潮下理論の通り、
潮下の釣り座だと、チャンスは一番最後になる訳です。
ならば、投げれば潮上の人達とは違う筋を流せる!プラス、斜めや横軸の釣りが出来るので、何とか出来る事が多いです。

但し、水深が70mとかを超えると、、、
2、3回しか横軸の釣りは出来ないし、潮向きによっては、意味ない事が多いです

浅くて、潮向きが良ければ、最強ですね。


しかーし、、、ここで要注意。

これからキャスティングをと考えてる方。
スピニングこそ、サミング、フェザーリングが大事ってご存知でしょうか?

キャストする⇒糸ふけでる⇒隣の方のスペースに膨らみまくる(^^;)

こんな方を多々お見かけします。
キャスティングは確かに武器です。
でも、釣りの基本、キャスティングの基本は把握しましょう。

キャスティングで投げると同時に、スプールエッジを人差し指か、手が小さい人は、中指で、軽ーくでいいので、押さえましょう。
着水しても、必ずフェザーリングしながら落とす。

と言うかサミング、フェザーリングしてないと、底取りがワンテンポ、ツーテンポ遅れて、、そもそも効率的じゃないですし、これも隣の方とのお祭りの原因になります。

で、底が取れたら、ベールを手で返すんじゃなくて、ハンドル回して返せば、ベイトと遜色なく底取り出来ます。
勿論フェザーリングして、ラインが張った状態である事が最低条件です

なので、フェザーリングが物凄く大事なんです。

風が吹いてたりすると、着水、着底までサミング、フェザーリング出来ていない人が隣にいると・・・
本当に迷惑になります。

私は、これが原因で、人が多い船は乗るのが嫌になりました(^^;)
いちいち言うのも違うし、我慢するしかないですからね…

基本的に、船にもよりますが、
人が多い時は、自身の前を0度とした場合、15度くらいの角度がパーソナルスペースかな?これも人によって違いますが、
風が強くても、フェザーリング出来てれば、リグから竿までPEラインが膨らむ事は、よほどの事がない限り少なく済みます。

キャスティングは確かに強い武器です。
でも、その真価を発揮する為にも、周りに迷惑を掛けない為にも、事前の知識は大切です。

長くなりましたので、今日はこの辺で。
次はテクニック的な事書こうかな???
需要があればですが(^^;)

読んで頂き、ありがとうございます。
Back to index